研究助成事業

研究助成事業について

財団の設立以来、香辛料の研究を行っている大学等の研究者の皆様に対して研究助成による支援を行っております。
助成の対象となる研究の範囲は、香辛料の成分研究など基礎的研究をはじめ、摂取による生理機能向上などの機能性研究、香りによる癒し効果の研究、栽培・育種研究、加工・応用研究、社会科学的研究、その他幅広い研究分野を対象としております。
研究者の皆様より、たくさんの応募をお待ちしています。

研究助成の募集

まもなく募集開始

当財団では、「香辛料」に関する各研究分野の皆様からたくさんの研究助成の応募をお待ちしています。当財団研究助成に応募希望の方は以下を参照の上、研究課題の申請をしてください。

1.助成対象となる研究範囲、対象者、その他要件、また申請方法につきましては、「関係資料」の「研究助成募集要領」をご覧ください。
2.申請者は、電子申請システム(Graain)でアカウント登録の上、申請をお願いいたします。電子申請システムの詳細につきましては、「関係資料」のGraain新規アカウント作成マニュアル、及びGraain操作マニュアル、をご覧ください。

応募いただいた研究課題の中から、専門委員会での審議を経て、8月に助成課題の決定・9月に助成金の授与を予定しています。
多くの皆様からの応募をお待ちしています。

応募期間:
2024年4月15日~2024年5月31日

関係資料

電子申請システム(Graain)はこちら
(ログイン画面)

※Graainは、株式会社イットアップが運営する
電子申請システムです。

お問い合わせ先

財団事務局
電話番号 03-6810-3600
FAX番号 03-3537-2126
お問い合わせ先 お問い合わせフォームはこちら

2023年度の研究助成

研究課題 研究機関・代表研究者
通所リハビリテーション利用高齢者に対するクミンの有用性の検討 東京慈恵会医科大学
リハビリテーション医学講座
助教 鈴木 慎
ストレス緩和に有用な植物資源ジンコウジュの成分研究と持続可能な資源開発方法 愛媛大学大学院
農学研究科
研究員 高松 さくら
トウガラシの持続感染性ウイルスの辛味成分への影響および育種マーカーとしての応用 立命館大学
R-GIRO
助教 田原 緑
石臼湿式微粉砕によるスパイスペーストの開発と自然乳化機構の解明 筑波大学
生命環境系
助教 粉川 美踏
香辛料香気成分の相乗的多機能性の解明 東京理科大学
先進工学部生命システム工学科
教授 有村 源一郎
ワサビの病害防除のための微生物農薬の開発 静岡大学学術院
農学領域
教授 小谷 真也
ショウガのオキシトシン受容体を介した抗肥満・抗老化作用の検討 福島県立医科大学
医学部病態制御薬理医学講座
准教授 前島 裕子
山椒が痺れをもたらす分子機構の解明と新規香辛料の開発 東京大学大学院
理学系研究科生物科学専攻
特任准教授 木瀬 孔明
記憶と睡眠に対するクルクミンとオイゲノールのシナジー効果の神経生理学的探究 東京大学大学院
薬学系研究科
助教 松本 信圭
香辛料摂取による口腔機能の維持・向上に関する研究 日本大学
松戸歯学部
教授 泉福 英信
香辛料類の活性硫黄プロファイリング 大阪公立大学大学院
理学研究科生物化学専攻
助教 笠松 真吾
インドネシアにおける大規模企業主導型ナツメグ産業の展開と課題 東京農業大学
国際食農科学科
嘱託助教 RISKINA JUWITA
合計:12件

※東京慈恵会医科大学 リハビリテーション医学講座 助教 鈴木 慎様、愛媛大学 女性未来育成センター所属農学研究科 研究員 高松 さくら様、 立命館大学 R-GIRO 助教 田原 緑様、 筑波大学 生命環境系 助教 粉川 美踏様、 東京大学大学院 薬学系研究科 助教 松本 信圭様の研究課題は、複数年助成で採択されました。

過去の研究課題と成果

「香辛料に関する研究または調査を行う大学等の研究機関に対する助成」では、これまでに、香辛料の幅広い分野(伝統・文化、効能効果・薬理・生理活性、栽培・育種・バイオ技術、消費動向・社会性など)において研究論文の報告がなされており、産業・科学・教育などの分野で広く活用されています。

※各研究課題のサマリー(要約)を閲覧希望される方は財団事務局までご連絡ください。

事業内容について
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら