公益財団法人 山崎香辛料振興財団

○令和元年の研究課題

  研究課題 研究機関・代表研究者 備考
(助成年度)
248 神経保護作用を有する機能性食品としてのニンニク由来含硫アミノ酸 日本大学
薬学部薬理学研究室
准教授 小菅 康弘
令和元年
249 水ワサビ品質成分を制御するミネラル成分の解明 静岡大学学術院
農学領域
准教授 一家 崇志
令和元年
250 香辛料が成体脳神経幹細胞に与える影響の解析 東京大学大学院
医学系研究科
助教 坂本 雅行
令和元年
251 ニンニクのフレーバー前駆体の生物生産系開発に向けた生合成酵素群の同定 千葉大学大学院
薬学研究院
講師 吉本 尚子
令和元年
252 粉山椒の水溶性抗糖化活性成分の同定と作用機序の解析 東京大学大学院
農学生命科学研究科
准教授 永田 宏次
令和元年
253 病原菌分泌タンパク質を利用した病害抵抗性トウガラシ新規育種法の開発 岡山県農林水産総合センター
生物科学研究所
JSPS特別研究員 中野 真人
令和元年
254 異なる窒素栄養条件下で栽培したパプリカ果実の機能性成分に関わる遺伝子発現の網羅的解析 北海道大学大学院
農学研究院
助教 丸山 隼人
令和元年
255 グルコースの取り込みに着目した、糖尿病を予防する香辛料成分の探索 日本大学
生物資源科学部
教授 熊谷 日登美
令和元年
256 植物生長促進細菌を利用したハーブ栽培とその分子メカニズムの解析 東京農工大学大学院
農学研究員
准教授 岡崎 伸
令和元年
257 近年ミャンマーより導入された低利用・在来ショウガ科植物独特の風味成分の分析 筑波大学
生命環境系
教授 草野 都
令和元年


Copyright (c) 2011 Yamazaki Spice Promotion Foundation All rights reserved.|山崎香辛料振興財団