公益財団法人 山崎香辛料振興財団

○平成26年〜平成27年の研究課題

  研究課題 研究機関・代表研究者 備考
(助成年度)
198 セリ科香辛料の魚臭抑制成分に関する化学的研究 同志社女子大学 生活科学部
教授 山田 恭正
H.26
199 農作物加害性コナダニ類に対する各種ハーブ植物の忌避効果 法政大学 生命科学部
教授 上遠野 冨士夫
H.26
200 カプサイシンの海馬鋭波に対する薬理作用 東京大学 大学院薬学系研究科
教授 池谷 裕二
H.26
201 生姜辛味成分による気管支拡張作用の分子機序解明 東京医科歯科大学 医歯学総合研究科
助教 脇田 亮
H.26
202 家庭における中食と香辛料の組み合わせによる新たな需要創造の可能性に関する研究 東京農業大学 国際食料情報学部
教授 大浦 裕二
H.26
203 神経疾患治療応用を指向した香辛料成分化合物のミクログリア表現型制御効果の解析 熊本大学 大学院生命科学研究部
教授 香月 博志
H.26
204 肥満および骨粗鬆症の同時予防効果を有する香辛料成分の同定 千葉大学 大学院園芸学研究科
助教 平井 静
H.26
205 香辛料により味の変化・おいしさが生まれる時の味覚分子神経機構の解明 九州大学 大学院歯学研究院
主幹教授 二ノ宮 裕三
H.26
206 エピジェネティクス異常抑制効果を示す香辛料成分の探索とその応用基盤 三重大学 大学院生物資源学研究科
教授 奥村 克純
H.26
207 香辛料で作る代謝亢進スープがエネルギー代謝と基質酸化量に及ぼす影響 同志社大学 スポーツ健康科学部
准教授 海老根 直之
H.26
208 ニンニク由来化合物の抗不安作用 国立精神・神経医療研究センター
部長 木村 英雄
H.27
209 香辛料成分による神経細胞保護メカニズムの解明 東京大学 大学院総合文化研究科
准教授 若杉 桂輔
H.27
210 ケイ皮酸による体内時計及び睡眠調節機能に関する研究 国立研究開発法人産業技術総合研究所
生物時計研究グループ長
大石 勝隆
H.27
211 殺菌香辛料に残存する損傷菌調査と生存メカニズムの解明 九州工業大学
大学院生命体工学研究科
准教授 前田 憲成
H.27
212 香辛料による口腔内細菌のバイオフィルム形成阻害 広島大学 大学院生物圏科学研究科
准教授 上田 晃弘
H.27
213 新病害「ワサビ疫病」に関する研究およびワサビ病害図鑑の作成 法政大学 生命科学部応用植物科学科
助教 廣岡 裕吏
H.27
214 香辛料の持つ抗酸化作用が肉食による酸化ストレスに与える影響 日本獣医生命科学大学 獣医学部
准教授 佐々木 典康
H.27
215 セリ科香辛料による免疫調節活性の作用機序解明 石川県立大学 生物資源環境学科
准教授 西本 壮吾
H.27
216 香辛料を用いた亜鉛欠乏予防因子の探索 京都大学 大学院生命科学研究科
准教授 神戸 大朋
H.27
217 骨格筋量を維持・増加させる香辛料の探索 名古屋市立大学 大学院薬学研究科
准教授 大澤 匡弘
H.27


Copyright (c) 2011 Yamazaki Spice Promotion Foundation All rights reserved.|山崎香辛料振興財団